テレビの映りが悪い。ブースターの取り付けについて|アンテナ工事相談室ご紹介

アンテナ工事相談室トップ サイトマップ ポリシー
アンテナ工事 その他工事 お客様の声 これがプロの技術 お問合せ・ご相談 会社紹介

アンテナ工事メニュー

ボタン

テレビの映りが悪い。

アンテナ工事相談室トップ
これがプロの技術サービスに自信ありお客様喜びの声ご相談
テレビの映りが悪い

電波の環境で映りにも影響が

信号レベルが低下しています。 テレビで地デジ放送などを視聴できているのはテレビの電波をアンテナが受信しているためですが、天候やアンテナの設置されている環境によって、電波が受信されにくくなったり、不安定になったりする事があります。
安定して電波をしっかりと受信できていればテレビの映りは良いですが、
不安定な場合は映りが悪くなります。

集合住宅の場合は また、マンションなどの集合住宅の場合は1本の配線から電波が分配されて各部屋に届くという方式の場合もあります。
この場合も部屋が多くなると1部屋当たりに届く電波が少なくなり、配線ケーブルを通って届く際に電波が損失によって弱くなる事があります。
この場合もテレビの映りが悪くなります。

ブースターで映りの悪さを改善 こういった地デジなどのテレビの映りが悪い状態の時には
アンテナブースターの取り付けがお勧めです。

地デジブースターはアンプとも呼ばれており、受信する電波を増幅させて大きく強くするという機能を持っています。
テレビの電波を強くする事ができ、映りの悪さを改善する事ができます。
ブースターには2種類あり、屋内用と屋外用があります。
電波は外から受信するため、屋外用の方が性能は高くなっています。
屋内用ブースターはテレビの近くに置いておけるメリットがあるので、外に設置が難しい場合などに利用すると良いでしょう。マンションやビルのオーナー様で複数の方からテレビの映りが悪いという相談を受けている場合は共同で使えるブースターがあるため、設置を検討されるのもお勧めです。
テレビの映りが悪いとお困りの方はまずはお気軽にご相談下さい。

テレビが全く映らない!エラーコードが出る場合

映りが悪いのではなく、以下の表の様なエラーコードが出る場合もあります。
テレビの故障ではなく、アンテナに問題がある場合があります。
⇒テレビが全く映らない・急に映らなくなった方はコチラ

デジタル放送受信に関連するエラーコード表

エラーコード 解説
E200 放送チャンネルでないため視聴できません。
通常放送ではないチャンネルを選択した場合に表示されます。
E201 受信信号レベルが低下し、視聴できる状態で無くなった。
一時的に受信レベルが低下している可能性があるのでしばらく待っていると直る場合もあります。
E202 受信できません。
アンテナ線の接触不良、断線れたりしている可能性があります。
アンテナの方向ずれや故障、雨や雪などの気象条件により一時的に受信できない可能性があります。
E203 現在放送されていません。
選んだチャンネルでの放送が行われていない、放送が終了している可能性があります。
E204 該当するチャンネルはありません。
放送がされていないチャンネルを選択しています。
E210 このチャンネルはご覧になれません。
E301 データ通信に失敗しました。接続に不良がある可能性があります。
電話回線の接続を確認しメニューの通信設定を確認して下さい。
E400 データが受信できません。
データ放送の情報が取得できない場合 に表示されます。
E401 この受信機では、データを表示できません。
利用している受信機では対応できないデータ放送を選局している。
E402 データの表示に失敗しました。
他のチャンネルに切り替えて再び選局すると表示される場合があります。

ご挨拶

一人ひとりのお客様に対して親切丁寧な工事を心がけております。
皆様に納得していただける工事を目指して日々努力しております。
工事施工後もアフターサービスを通じ末永いお付き合いを望んでおります 。

会社案内

サイト名 アンテナ工事相談室
運営会社 ドリームネットデザイン株式会社
代表取締役 竹内慶
本社 〒658-0054
神戸市東灘区御影中町2丁目1-8 御影センタービル301
TEL 現在受付は行っておりません。
ホームページ http://アンテナ工事.com/
アンテナ工事喜びのメッセージアンテナ工事施工事例よくある質問アンテナ工事への思いアンテナ工事豆知識アンテナ工事相談室アンテナ工事相談室へのお問合せ